510016066%ef%bd%84

労働保険は、労災保険と雇用保険の総称であり、原則として労働者を一人でも雇っていれば適用事業所となります。美容組合では、労働保険事務組合の認可を受けており、委託のお手続きをさせて頂きます。

 

《メリット1》
安い手数料で事務代行

 

《メリット2》
労災保険と雇用保険を完備

 

◆労災保険

従業員の業務上および通勤途上の災害に対する補償。
(労働保険事務組合に加入している事業所に限り、事業主も特別加入できます。)
仕事が原因で起きた「けが」「病気」については、必要な治療費が給付されるほか、休業補償給付が受けられます。また、「けが」「病気」が治った後、障害が残った方は障害補償給付が受けられ、不幸にして死亡した場合にはその遺族に対して遺族補償給付及び葬祭料の給付が受けられます。なお、通勤による災害の場合も同じ内容の保険給付が受けられます。その他、労災保険では各種の労働福祉事業を行っています。
保険料は全額事業主負担ですが、災害発生の危険に応じて業種別に定められており、美容業の場合は賃金総額の3/1000になっています。

 

◆雇用保険

従業員が失業した場合の給付。
労働者が失業した場合、失業中の生活を安定させ次の職業をさがし易くするために、失業給付が受けられます。また、事業主に対しては特定求職者雇用奨励金など雇用に関する奨励金のほか、経済変動に対しては雇用調整給付金等の給付が受けられます。その他雇用保険では能力開発及び雇用福祉事業を行っています。
保険料は
・ 賃金総額の13.5/1000(労働者:5/1000、事業主:8.5/1000を負担)
・ 4月1日に満64才になっている人については、労働者、事業主とも保険料は免除されます。